選べる工法

HOME > 注文住宅・建替え・建替え > 選べる工法

ご家族に合った、工法はどんなの?セレクトサービス実施中
「将来は、間取りを変えたりもしたいなぁ。」「気密性や断熱性を考えた家にしたいなぁ。」などなど、様々なご家族の希望があると思います。
当社では、注文住宅・建替えをお考えのお客様に様々な工法を選んで頂けるセレクトサービスを実施しております。お気軽にご相談下さい。
在来工法
設計の自由度を求めるなら在来工法。
木の柱と梁を組んで建てていくので「軸組工法」とも呼ばれます。
高温・多湿という日本の自然環境のなかで生み出され、
育まれてきた工法です。
  • 設計の自由度が高い
    開口部を多く取ることが出来る
    増改築がしやすい
  • 耐震性を確保する為には少し費用がかかる
2×4工法
気密性、断熱性を求めるなら2×4工法。
床・壁・天井の六面体を基本構成にした箱状の建物です。
建物の重量を壁で支えるので「壁組み構造」とも呼ばれます。
  • 六面体のモノコック構造で耐震性を確保する
    耐火性、断熱性、気密性が高い
    比較的費用がかからない
  • 構造上開口部が多く取れない
    増改築の際、制約を受けやすい
    開口の狭い土地には不向き
鉄骨造工法
強度、耐震性を求めるなら鉄骨造工法。
基本的に住宅の骨組み部分に鉄骨を用いた工法です。
地震に強く寿命が長い鉄骨造は木造に比べ倒壊の危険性は低く、
安全面で有利です。
  • 部材の強度で耐震性を増していく事ができる
    建物の開口部を大きく取ることが出来る
    設計の自由度が高い
    寿命が長い
  • 建築コストが高い
    柱が太くなるので間取りに影響が出る
    重機の搬入が必要
注文住宅・建替え
物件情報
ネオシティ

〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町1丁目21-21
☎06-6629-2181

0120-680-830